ソフトバンク光キャッシュバックキャンペーンで届くはがきとは?

お金5

キャッシュバックキャンペーンが充実していることで知られるソフトバンク光ですが、そもそもソフトバンク光とはどういったサービスなのでしょうか。そして、申し込む時に必要なはがきとはなんでしょうか。そこで、ソフトバンク光がどういったサービスなのかについて詳しく解説します。

お得なキャッシュバック以外にも、利用するメリットが見つかるのではないでしょうか。

ソフトバンク光とは

ソフトバンク光とは、ソフトバンクが、NTT東日本とNTT西日本の回線を使って行うインターネットサービスです。フレッツ光と同じ回線を使用しているため、通信速度や回線の品質は変わりません。契約をするためには、Webからでも可能ですし、申し込み窓口である代理店から申し込むことも出来ます。

その時に、工事の日程などを決めるため、都合が良い日について事前に確認をしておきましょう。そして、ソフトバンク光の方からご利用開始の案内が届きます。更に、パソコンやスマートフォンをネットに繋ぐことが出来る光BBユニットや、光信号を電気信号に相互変換をするための回線終端装置が届きます。

希望した日時に開通工事が行われます。工事には、約40~90分程度かかりますので、事前に予定を開けておくようにしましょう。宅内機器は、ソフトバンクから届いた「利用開始の案内」に記載されている通り、自分で接続をすると、利用を開始することが出来るのです。

ソフトバンク光のメリット

ソフトバンク光に申し込むことで、具体的にどのようなメリットがあるのかというと、それはIPv6に無料で申し込むことが出来るからです。なかなかネットに繋がらなくてイライラした経験がある人もいるでしょう。そんな時に、IPv6と契約することで、スムーズにネットに繋ぐことが出来るのです。

Yahoo!BBからBBIXに事業者を変えるだけで、その速さは変化するのです。ここで、勘違いしてしまうのはYahoo!BBを解約しなくてはいけないのではないかということです。ですが、Yahoo!BBを解約するわけではありませんので、安心して使用することが出来ます。

IPv6にすることで、昼夜問わず繋がりやすくなるため、快適なネット環境を整えることが出来るのです。

ソフトバンク光のキャンペーン手続き

ソフトバンク光は、新規で乗り換えた場合には、手続きを行うことでキャッシュバックキャンペーンを受けることが出来ます。では、具体的にどういった手続きをすると、キャッシュバックキャンペーンを受けることが出来るのかについて解説します。

代理店の窓口で申し込んだ場合には、窓口で手続きを行います。代理店によって手続き方法は異なりますが、振り込み口座の番号を伝えるだけで可能な場合もあるので、事前に確認をとるようにしましょう。そして、ネット回線が開通してから二ヶ月後までに、往復はがきで開通証明書が届き、その往復はがきを店頭に持っていくことが必要となることもあるので、手続きを行う前に詳しい内容を聞いておくと良いでしょう。

キャッシュバックを受けとる時の注意点

ソフトバンク光の注意点としては、代理店によっては有料オプションの加入が必要だったり、キャッシュバックを受けとるのが数ヵ月先になるということもあります。なかには、キャッシュバックの申し込み手続き自体が数ヵ月後ということもあります。

キャッシュバックキャンペーンは、申請期間に申し込まないと無効となってしまうこともあります。申し込む時には、必ず申請期間について確認しておくことが大切です。そして、キャンペーンに申し込むことが可能なのは新規契約のみなど、条件が決まっている場合もありますので、申し込む時には代理店などに詳しく詳細について聞いておくと良いでしょう。

代理店の選び方

キャッシュバックを申し込む時に、代理店を利用する時には、どこでも良いというわけではありません。代理店によっては、選び方で大きく損をしてしまう可能性もあるのです。必ずチェックしておきたいのが、正規の代理店かどうかです。

キャッシュバックの金額が高めであることや、サービス内容などについても詳しく説明してもらえます。そして、代理店によってキャンペーンが異なる場合もあり、かなりお得感を感じるものもあります。ですが、この時に必要なのは適用条件が複雑かどうかです。

代理店によっては、条件が複雑で難しく感じるものもあります。代理店を選ぶ時には、適用条件について詳しく知ることも大切です。

ソフトバンク光を解約する方法

パソコン12

ソフトバンク光に申し込んだものの、やっぱり解約したいという時には、申し込んでから8日以内に申し込むことが必要です。なぜなら、8日以内なら「初期契約解除制度」を使うことが出来るからです。この制度は、簡単に言えば通信サービスのクーリングオフです。

契約に関する書類が届いてから、8日以内であれば回線の契約を無料で解約することが出来ます。ですが、この時に注意をしなくてはいけないのが、開通工事を行うよりも前に行うことが必要です。既に開通工事が行われた場合には、開通工事にかかった費用などが請求される場合もあります。

ソフトバンク光に対して、電話またははがきで「初期契約解除制度」の通知を行います。この場合、電話だとなかなか繋がらなかったりする可能性もあるので、はがきで通知すると良いでしょう。はがきには、初期契約解除制度利用を申し出ること、何月何日に申請をしたか、そして、いつソフトバンク光と契約したか、契約したサービス名などを正確に記載することが大切です。

そして、契約者の名前や住所、電話番号も記載します。契約してから8日以上過ぎてしまったという場合は、通常の解約通知となりますが、その場合はソフトバンク光に電話をして、解約をしたい旨を伝えることが大切です。

また、宅内機器が届いている場合は、返却することも必要です。この時には、解約違約金が発生したり、開通工事の時の費用、また解約月のソフトバンク光利用料金を払う必要があります。ソフトバンク光を解約する時には、解約に必要な料金についても調べておくことが必要です。

ソフトバンク光を利用する時には

お得にインターネットを利用することが出来るソフトバンク光ですが、キャッシュバックの他にも、代理店ごとにお得なキャンペーンを行っている場合もあるので、事前に確認することが大切です。

そして、キャッシュバックを申し込む時には、ソフトバンクから届く、開通証明書の往復はがきが必要になることもあるので、手続きを行う時には事前に詳しく調べておくことが必要です。